女性の髪質、年齢別特徴とホルモンバランスの関係

産後抜け毛シャンプー・育毛剤ランキング

産後抜け毛シャンプー総合ランキング ≫ 年代別髪質

年代別、女性の髪質の特徴とホルモンバランスの変化

「何だか最近、髪の毛のハリがなくなって…」「昔よりもパサつきやすくなった…」「何か、髪の毛細くない??」。こういった女性の髪質の悩みは、普段のヘアケアの他にも、ホルモンバランスの変化が関係している可能性が。加齢によって、ホルモンバランスが崩れることで、抜け毛、薄毛になってしまうことがあります。女性ホルモンは20代で分泌量がピークに達し、30代で徐々に減少し、45~55歳のいわゆる更年期に急激に減少していきます。こうした女性ホルモンの変化により、髪質も変化していくのです。

年代別、女性の髪質の特徴

20代

女性ホルモンの分泌がピークに達する20代は、髪質も良好。ハリやコシ、ボリュームは最高潮。ただし質・量は人によって差があり、白髪が出てくる人も。

30代

徐々に髪質に変化が。波を打ったようなうねりが出来始めます。これは髪が乾燥しやすくなり、空気中の水分を含んでしまうからです。これにより指通りが悪く感じ始めます。

40~50代

更年期前後には髪質が悪化。特に閉経後は顕著に現れてきます。このあたりで薄毛や白髪が目立つ人も。

60代以降

頭皮の乾燥が加速していき、薄毛が気になる人も。

60代でも健康な髪でいるために。

60代でも健康な髪のままでいる方もいます。それはやっぱり若い時からのヘアケアが大事。加齢による体の衰えは避けられないことでありますが、その進行を遅らせたり、程度を弱めたりすることは個人の努力で出来るはず。ぜひこのサイトを参考にして、正しいヘアケアを普段から心がけてくださいね♪

copyright(c) 産後抜け毛を治す!シャンプー・育毛剤ランキング【最新版】 All rights reserved.